年齢を重ねると 似合う色って変わる?!

おはようございます 今朝もよく冷えた奈良地方です。
ご来店いただきましてありがとうございます

昨日の記事『ネオンカラー』のコメントに「年齢を重ねると似合う色は変わる?」というご質問をいただきました。
ありがとうございます、そしてお待たせいたしました



(池田彰風に)イイ質問ですね〜〜

この質問は、実は 診断をさせていただいていて、一番多く聞かれる質問なのです

是非、みなさまにもお知らせしたいと思いまして、こちらでお答えさせていただくことをお許し下さいマセ

ズバリ正解から申しますと

イエローベース・ブルーベース もしくは

4シーズン(スプリング・サマー・オータム・ウィンター)は
一生変わることはありません(キッパリ)

なぜなら

似合うは、ご本人様の

生まれた時から持っておられる 肌の色・髪の色・目の色 
に対して似合う色、を見させていただくからです

例えば、「歳を取って来て、目の色が変わってきた」なんてことは無いですし

髪も、白髪になることはあっても、基本的に(赤ちゃんの頃は色素が淡いことが多いので別として)

若い頃から漆黒の髪色の方は一生黒髪ですし
茶色っぽい髪の方は、一生茶色っぽい髪です。

肌の色は、日焼けしているか、色白か。で判断しているのではなく

肌の厚み、そして肌の下に流れている血液の中の『ヘモグロビン』がどれだけ皮膚を透過して見えているか。
で診させていただくので

日焼けするしないに関わらず、生まれながらにして持っておられる肌の色も、
一生変わるものではありません。

身体の血液の成分や、細胞の質までがすっかり変わってしまうほどの身体的な一大事
が起こらない限り

その方の持っておられる、基本的な色。というのは一生変わりません

なので それによって決まる『似合う色』というのも一生変わらず
たとえいくつになっても、その年齢より若々しく活き活きと その人を引き立ててくれます


例えば 土曜日、京都のイベントでお出会いした、私より干支一回りほど年上と思われる女性の方

その年代の方が「もう歳だから」と地味な色を選びがちなダウンのコート、なんとコーラルピンクを着てらして、

それがもう、メチャクチャお似合い その色を臆せずお選びになったその審美眼に

診断士一同、思わず拍手してしまいました

もうお一方例をあげますと かな〜〜〜〜り極端な例になりますが 黒柳徹子さん

実際に私が診断したわけでは無いので、絶対とは言えませんが「スプリングタイプ」だと思います

そんな黒柳徹子さんは、お年を召された今でもなお、

発色の良い、ポピーレッドやオレンジや黄緑やアップルグリーンが色とりどりに配色された

メチャクチャ華やかで派手なお洋服がよくお似合い

例えば“黒柳さんがウォーキングをする”なんていう企画のTVに出たとして

グレー1色のランニングウェアーを着て登場したとしたら、
あらスタイリストさん失敗だわよねと思ってしまいます

それこそネオンカラーのキラキラしたランニングウェアーを着てこそ、
黒柳さんならではのキラキラした魅力が引き出されるのです


派手な色=若い人のための色 では決してありません。

派手な色=似合う人なら年齢を重ねてもなお素敵に着こなせる色 なのです

もし、診断の結果、ショッキングピンクがお似合いであれば、これはもう絶対に着てみるべきです。
自分で思うより周りの反応が良くて、ビックリされることと思います。私が保証いたします

今日も読んでくださって ありがとうございました

-------------------------------------------------
お知らせです 

3月2日(土)〜6日(水)近鉄百貨店阿倍野店3Fにて『CLEビューティーフェスタ』開催
ミニ講座(無料)『きっと見つかるあなたの春色コスメ』にて、講師をさせていただくことになりました
上のバナーをクリックしていただくと予約もできる詳細HPにリンクします。ぜひご覧くださいませ。お待ち申し上げております

0コメント

  • 1000 / 1000

oasis-color school

色のチカラでもっとあなたらしい明日を 奈良大和西大寺 パーソナルカラーサロン